働く現場と管理職の特徴

webエンジニアが働く職場はWeb制作現場が最も一般的であり、多くの専門家が集う職場です。Web制作においてはHTMLのコーディングを行うコーダーとWebプログラミングを担うwebエンジニアがその土台を作り上げますが、実際にユーザーが目の当たりにするのはその部分ではありません。ライターが書いた記事であったり、デザイナーによって作られたページデザインであったり、あるいは広告や写真、イラストなどの様々な素材が実際のユーザーの目に入るものになります。
そのため、それらをうまく生かすという観点でのコーディングやプログラミングが重要です。そういった観点を全員が持って、それぞれの専門家が互いにフィードバックし合ってよりよいものを目指していくことが必要になります。しかし、これらは全て複雑に絡み合っていることから、全体を管理する人材が必要不可欠です。それを担う現場の管理職がディレクターであり、デザイナーやWebエンジニアとしての現場経験を持ってその職についている人がほとんどです。自らももともとの専門の能力を発揮して現場の仕事に参入する場合も多く、場合によっては最も進行が遅れている部分に支援に入ることも稀ではありません。そのため、管理職としての仕事を担いながらも現場の専門家としての能力も要求される高度な職業となっています。そのため、求人募集においても採用の要件とされるスキルが多くなる傾向があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です